【コロナ禍の渡航】韓国から日本に帰国☆ 出国前に準備すること☆ - 日々の話し

Welcome to my blog

【コロナ禍の渡航】韓国から日本に帰国☆ 出国前に準備すること☆

Category - 日々の話し
コロナ禍での日本帰国、
自主待機2日目が過ぎようとしています。
(待機日は入国した翌日から計算)
今日は午前、午後に位置確認のプッシュ通知、午後に電話確認がありました。

今回の帰国にあたって、韓国で準備したことを忘備録としてまとめます👆
これはあくまでも11月11日に帰国した私の経験をもとにしていて、
今後帰国する方は状況によって準備することも随時変わると思われますので、
必ず在大韓民国日本大使館HPの情報を確認することをお勧めします☺️
https://www.kr.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

準備した書類
出国72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書
 指定項目が日本語または英語で記載されている必要があります。
 厚生省のHPにあるフォーマットで出してもらうのが確実でしょう。
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html

日本帰国_出国前_準備_書類_1
こちらがそのフォーマットに準じた証明書。検査の費用は20万ウォンでした。

韓国の場合、PCR検査自体は保健所などで無料で受けられますが、保健所では何も言わなければショートメッセージなどでの通知でしか結果を知らせてもらえないのと、申請しても韓国語の証明書しか出してもらえません。

韓国語の証明書を、日本語や英語に書き換えてくれるクリニックもあって、その方が費用は安いらしいのですが、私が証明書を出してもらった病院の先生によると、正式には認められていないとのこと💦

このPCR検査を行なって、証明書を日本の様式で出してくれる病院の情報も開示されていなくて、結局紹介してもらったクリニックでことなきを得ました。ソウルの場合、ウルチ病院や聖母病院など大きな大学病院で検査を受ける人が多いようです。その際は検査時も結果を受け取る時(大体翌日以降)も予約が必要で、いきなり行っても検査を受けられない場合があるそう💨

小さなクリニックの場合、万一陽性者が出た場合2週間営業停止になってしまうリスクを負わないといけないため、海外渡航者向けのPCR検査を行なっていることを、公にできない事情があるのだとか。

英語表記のワクチン接種証明書
アプリなどで申請できるか色々試してみたのですが、外国人の場合、健康保険のシステムに使われている名前がハングル表記で、外国人登録の名前が英語になっていて、データ照合ができず、結局住民センターで解決しました。


日本帰国_出国前_準備_書類_2
身分証明書を見せるだけで、書き換えの費用もなく目の前ですぐに出してもらえました。訪問時の予約も特に必要ありません。

そして最後に、
再度韓国に戻る場合、再入国許可を必ず申請しておく必要があります。
こちらは入国管理局のHPからオンライン申請できました。
https://www.hikorea.go.kr/Main.pt
手数料は24,800ウォン

出国前の準備物は以上です☺️

今日もブログにお越しくださってありがとうございます!
皆さんの応援を励みに、日々ブログを更新しています。
どうか、お帰りの際に下のブログランキングに1票頂けると嬉しいです
(現在3つのランキングに参加中)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村は下の写真の上でクリック↓
にほんブログ村 美容ブログ 韓国コスメへ

↓FC2の人気ブログランキングは下のバナー


↓ブログランキングは緑のバナー


フェイスブックページは下をクリックすると開きます 
ページに「いいね!」を押して頂けると、最新情報が表示されるようになりますよ~ 
関連記事
日本帰国準備PCR検査陰性証明ワクチン証明書

0 Comments